スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルート、修理 

こんばんは♪


日はフルートの修理をご紹介(*^^*)

トリルキイの裏に貼り付けられている樹脂のパーツが外れてしまったとのこと。

接着剤が古くなってきたところに、クロスかなんかがあたってとどめを刺したのでしょうか。

※大体気付かない時に外れておりパーツがなくなっていることが多いです。。。。(笑)
今回は一緒に保管をして頂いてたので、再取り付けだけで済みそうです♪

DSC_1885.jpg

なんとかもう片方は引っ付いているようですが、念のため両方共接着しなおしました。

他のキイが邪魔になるので一旦分解。

古い接着剤を取り除いて新しく接着。ガッチリと。


DSC_1886.jpg
はい(●´ω`●)ノ
もう二度と外れませんように・・・・なんて願いながら(笑)



最悪このパーツがなくても音は出ますが、キイが管体に直接当たることになるので
「カン」と金属音がします。演奏中にそんな音がしたら・・・気になってしょうがないですね・・・(´・ω・`)


付いているときはあまり有り難みがありませんが、外れて分かる

事なパーツです( ・ิω・ิ)
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。