FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なバター 

日中過ごしやすいなと思っても、陽が落ちると一気に冷え込んでくる大分・日田です。
でも、立春も過ぎ、季節は一日ごとに春へと向かっているのでしょう。歩き始めたみいちゃんも、待っています。

というわけで、ギターリペアのお話を。。。
といいつつ、今回は、メンテナンス・グッズのご紹介。。。


「はい、バター。。」といえば、映画 『男はつらいよ』の寅さんが記念撮影するときの常套句ではありますが、バターはバターでも今回は、「フレットバター」。
もうお使いになられたでしょうか。

これさえあれば、フレットがピカピカに磨けるという、ギターリペア担当としては、ちょっと気になる新商品。。。 詳細については、商品ページをご参照いただきたいのですが、早速使ってみましたので、ご報告を。。。

フレットバターの本体は、薬剤を染み込ませてある布。
この薬剤の正体はよくわからないのですが、油分を含んでいて、またバニラのようなややキツメの香りがついています。

blog20170206c.jpg 

で、弦を外したらおもむろに、フレットバターをフレットへと、指板もろともに塗りつけていきます。
薬剤を塗り終えたら、、きれいな布切れ(ウエス)でふき取っていきます。
このとき、フレットに対して直角方向。つまり、指板に対しては木目と平行に、ウエスを動かすように指示されております。

blog20170206d.jpg 

すると、みるみるウエスが黒くなりますので、きれいな面を出しながら、さらにふき取っていきます。
ウエスの新しい面を使うたびに、フレットの輝きが増していくのがわかります。
で、おおむねウエスが汚れなくなったら終了です。

blog20170206b.jpg 

はい、ピカピカになりました。

う~ん。これはちょっと不思議。。。
通常フレットを磨くには、コンパウンドなどを使うのですが、これだけフレットがピカピカになりながらも、指板にキズがつかないどころか、指板もきれいになってしまうんですから。
塗装されているメイプル指板のギターでも試してみましたが、キズがつくこともなく、きれいになりました。

コンパウンドを使う際は、フレットを1本1本磨いていかなければならないことを考えると、フレットバターなら一気に全フレットを磨けるので、ずいぶん楽になります。

フレットがきれいだと、気持ちいいですよ。
日常のメンテメンスのお伴にぜひ。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。