FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつ入っています 

いつのまにやらすっかり冬の様相。
弊社店舗裏の作業場にも、ファンヒーターを導入いたしました。

というわけで、ギターリペアのお話です。。。

ブログ20171122b

写真は、フロントピックアップの音が出ないということでお預かりしたギター。
Vです。トガっています。カッコいいです。

で、正確には、タップにしたときは音が出るけれど、ハムバッキングピックアップ状態にすると音が出ない。。。というものでした。
じつはこのギター、ボリュームポットがスイッチポットになっていて、つまみを引き上げるとタップができるようになっているんですね。

う~ん。 ギターを前に、いろんな原因が頭の中に浮かんできて、駆け巡りました。
最悪なのは、ピックアップ自体の故障。。。でしょうか。

ブログ20171122a 

というわけで、コントロールキャビティ内にアプローチし、スイッチポットから攻めていくことにしました。
フロントピックアップの配線材をひとつひとつ追っかけていくと、通常のタップ配線とは異なっていることがわかりました。

一般的なタップ配線は、ハムバッキングピックアップのふたつあるコイルのうち、どちらかひとつをキャンセルし、片側だけを生かすように配線します。
でも、このEMGピックアップは、ふたつのピックアップを切り替えて使うような配線になっていました。
いわば、ひとつのフロントピックアップの中に、ハムバッキングピックアップとシングルコイルピックアップが入っている。。。配線の様子を見ていると、そんなイメージなんですね。

調べてみると、このピックアップは、EMG89というモデルのようです。
内部はどうなっているのでしょうか。これは面白いです!

と、感心していても音が出てくれるようになるわけではありませんので、ハンダごてを取り出して、ゴソゴソと。

果たして、不具合の原因は、いわゆるハンダの接点不良だったようです。
駆け巡った原因のうち、もっとも軽微なもので、なにより。。。

で、再びオーナーの元でハードにドライブしてくれること、そして二度と故障のないようにと、願いもふたつ入れておきました。。。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。